2009年11月15日日曜日

風車被害と同じ

 前回の投稿で案の定、さらに攻撃を強くされている。

 最近になってやっと風車被害の記事や報道が出てきた。風車やエコキュートからの低周波振動による深刻な健康被害が住民に出ている。

  以下、「日本に巨大風車はいらない」のサイトから

 東伊豆天目山のウインドファーム試験運転による低周波健康被害者からの聞き取り調査メモ
  3月26日、天目の被害者の方3人から話を伺いました。(これ以外の場でのお話、間接情報も含めて)そのまとめです。

・とにかく気力がなくなった。イライラする(複数)怒りっぽくなった
・眠れない。睡眠薬を飲む(多数)
・歩いていて風車から風下にむかうと、腰がだるい、痛い。風上に向かう場合は何でもない
・関節が痛い
・せみが鳴いたような音が耳もとでたえずする
・鼻血が出た(多数)
・夜、下からうるさい(微振動がある)。部屋の中の寝場所を変えると、耐えられる
・夜、我慢できなくて車に乗って移動。役場駐車場で夜を過ごした。同じく少し離れた別の分譲地に行き、毛布を持って車の中で過ごした
・家に住んでいられない。引越し先の物件を探している。→我慢できず夜の避難場所としてアパートを自費で借りた
・小鳥が来なくなった
・犬が落ち着かなく、吐く
・朝起きると肩が張り時には吐き気がする。頭が痛いので脳外科でレントゲンを撮ったが異常なし。耳鼻科に行くよう言われた
・東京に行くとよく眠れる
・ビニールハウスの中で作業をしていて気分が悪くなった。外に出ると楽になった
・家で寝られないので、キャンピングカーで寝る(地方の方)
・飼っているウコッケイが夜鶏舎に入りたがらない。犬が夜犬小屋に入りたがらない*低周波は屋内に「こもる」と言われている
       以上。

  自分にもこれらのいくつか当てはまる被害がある。
 それから、いつの間にか周りから犬の鳴き声が聞こえなくなっていた。確か飼っていたはずだが、おそらく動物の方が敏感なのでどこかへ非難させたのだろう。
 そしてこちらの体と精神が蝕まれて行くのを連中は期待しているのだ。
  

2009年11月9日月曜日

低周波音振動テロ

video

   この振動が毎日24時間である。

  20Hz以下の超低周波音は、耳に聞こえないがエネルギーは強力で人間の体はもちろん建物まで振動させる。

  以前来た警官は低周波発生機はすごい高価な物だと言っていた。暗に個人宅など狙うはずないと言いたげだった。が、しかし家の周りは林に畑、住宅地である。この振動の説明がつかない。

  発生源から離れるほど効果が薄れるとすれば、やはり疑わしいのは、嫌がらせ当初から加担している周りの家だということになる。


    最近また飛行機、ヘリコプターがうるさくなってきた。


  


軽飛行機 
 ビーチクラフト                         
 JA0918か3919か

 


 陸自 

 OH1

2009年9月12日土曜日

農機のストーカー

 今日も朝から飛行機の音がする。
 昨日は出勤時、真上にC-130輸送機が数機、縦列体制で飛んできた。
 そして帰りは、あと50mのところで、いつものワンワンストーカーに出会う。
 家の前では、前方に何やらうっすらと止まっている物が見える。ハイビームにして確認するまでもなく家に入った。
 何だあれは無灯火で稲刈機ではないか。
 家の前の市道は100m行くと見沼用水があり、田んぼが広がっている。そのため農機の行き来もある。
 しかし、もう真っ暗でありとても作業などできない。おまけにライト無しでは。それともわざと消しているのか。
 わざと帰る時間に合わせて鉢合わせさせようとしたのでは、車一台しか通れない道幅だ。しかも無灯火で脅かそうと。
 隣の脱穀機が動き始めて、車の上にはうっすらと、そのかすが積もる季節になった。この脱穀機の音に紛れさせ、低周波音を大きくして振動を強くする。加害者の立場ならやりそうだ。事実、昨夜は強いと思った。

2009年9月8日火曜日

自衛隊機とか

 最近は、さらに重低音が響き渡って、振動が強くなっている。

 それに超音波によると思われる耳鳴り攻撃だ。

 また犬の散歩にかこつけたワンワンストーカーも目立つ。

 うまいタイミングで出会うことになる。

 家に帰る帰路、誰も見なかったのに、車のドアから出ると、家も前にいたりする。きっと隣の家に寄り道したのだろう。

 それから自衛隊機が結構やって来る。

 これは816日の午後、家の真上。飛行機雲にしては・・・、ケムトレイルか。
   
C-130輸送機は通勤時や帰宅時に。












  9月6日は天気が良かった。さっそく家の真上にYS-11。




2009年8月14日金曜日

ストーカー車両

 一般の方も知っておいた方が良い事にストーカー車両のことがある。巻き添えを避けるためにも。

 今月初め、車での帰路、もう少しで家に着く所で、脇道から白のワンボックス・ストリームNo.88-88がわりこんできた。あたかもナンバーを見せびらかすように。

 他の被害者の方が指摘するようにゾロメナンバーは多い。
 黒の99-99とか。  
 それから黒系の軽自動車も多い。33-33、88-88。
 そして運転席、助手席に黒のカーテンをつけている。

 しかしゾロメは限られるのでやはり一般のナンバーのほうが多いか。

 あまりしつこいのは写真を貼ろうと思う。

  軽自動車も陸運局でナンバー紹介できればよいのだが。

2009年8月4日火曜日

今日の1分・振動攻撃

video



部屋に鴨居があれば、そこに伸縮式の竿を渡して置く。
そしてハンガーにかけたシャツを隙間なく何枚も中央付近にかける。
すると、そのどれか一枚に振動の波長が合うものがあって、微振動をする。

 動画の画面の左側の黄色いシャツが振動しているのがわかる。


 低周波音被害研究の第一人者、汐見先生の著書を読むと、被害を感じるまで、個人差で潜伏期間があることがわかる。                                 そこでまだ振動被害を感じてない人も、この方法で振動をとらえる事ができる。

  これはまさしく、個人、家庭へのテロ行為である。

2009年7月13日月曜日

さらなるいやがらせ等

 先月は市道に面した植え込みに、1m位の水栓柱が投げ込まれていた。そばにはブロックの破片の入った布袋も。空き缶などの投げ込みは有ったが、これだけの重量物へとエスカレートしている。複数犯だろう。


   そして、先週の日曜は庭に出たら、さっそく草刈機の音がし始めた。そして野焼きによる白い煙が立ち昇って来た。臭いにおいがしてきた。たまに生木が割れるのか、バーンと音が響く。


   しばらくして、何やらツーンと鼻につくにおいが、これは農薬のにおいだ。急いで家に入る。

  「草刈をしたので農薬をまいた」との筋書きなのか、ほかの被害者に、薬品をまかれたとの報告もあるので、このこともありだと思う。 松本サリン事件が思い出される。


  たまに飛行機の音がするが、雲が厚いためか見えない。



  さて低周波音振動の件では、昨年「低周波音症候群被害者の会」と連絡がとれ、 会の方に測定の詳細な報告書をいただいたのである。もちろん今より振動被害は小さかったし、自前に測定が知れたみたいで、普段よりも影響が少なくされた。

 それでも、夜間にしてはおかしい低周波音が出続いているのである。 それにはその時の健康被害の状態も添付されている。


  そして、それを持って今年になってから、市役所に相談に行っている。担当者は 調べてみると言っていたが、それから半年、何の連絡もなしである。


   もちろんこっちからどんどん言っていかないととは思うが、予想はしていた。

   
              投げ込まれていた水栓柱









  

2009年5月6日水曜日

「やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視」

  ツカサネット新聞、森山つきた氏 3/19の記事

     http://www.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/36113

記事の無断転用を禁じるとあるので、各自で御覧頂きたい。
うまく表示出来ない時は、ツカサネット新聞にアクセスして>社会>過去記事一覧
 >2009年3月のニュース>次>次と進んで下さい。
  なおYahoo では消されてしまいましたが、Livedoor にはツカサネット新聞の
 過去記事は紹介されています。

    まさに周辺でこのようなことが起きているので的を射た記事である。

  出勤時などはよく防犯ジャケットの散歩人に出会う。また防犯ステッカーを貼った車 にすれ違うことや先にスーパーにきている時もあった。そして毎朝同じ車が見張るように止まっていることもある。

  スーパーや本屋に行けば店員がそばにきて棚の整理をあわただしくやりだしたり、 騒音をたてらたり、もっとあからさまな嫌がらせもあった。朝のごみ捨てにも隠れて見張られたり、去年つけられた街灯は灯りの焦点がわざと家の窓に当たるようにしたりとか、書いていったらきりがない。

  1度こんなことがあった。

 車で帰宅途中、自宅まであと数十mの所の街灯しかない交差点で、突然左から女が
ョギングスタイルで飛び出してきた。夜間なのでヘッドライトに照らされて注意して止まるどころか、振り向きもしないで真ん前を平然と走り続けている。車が1台しか通れない狭い道では有り得ないことである。

  ライトが照らした背中のゼッケンには番号ではなく「防犯」の文字がゆれていた

 こちらの自宅がすぐそばだと分かりきった行動である。クラクションを鳴らしてやろうか と思ったが、2倍、3倍になって有らぬことを吹聴されるかもしれないとやめたのである。

     「防犯」をかくれみのに、うさん臭いことがまかり通っている。

  しかもそれが先の記事の指摘通り、カルトに結びついて

   連日の低周波音振動や音波、電磁波攻撃、車をはじめとする集団ストーカー行為等、

   日本全国でとんでもない事が進行中だということである。

 



video

     ウグイスが鳴き始めた・・・が、録音すると
   せっかくの声が、連中のテロ工作の機械音で台無しである。

2009年4月23日木曜日

ストーカー行為を止めて! JA3936 

 4月12日 12:06 自宅で撮影。この日午前中は重低音のヘリの音、

 そして昼にこのセスナ、それから高速で通過して行った双発機と。

   最近は、双発機が頻繁に高速で通過するようになった。

 しかも夜間7時や8時にもである。写真を撮られたくないからか。


        http://www.honda-air.co.jp/


  ホンダ航空ホームページを見るとやはり同じデザインである。そして

 双発機のビーチクラフトまで載っている。さらに「関東で唯一夜間照明施設完備。

 日没後の離発着も安全に対応が可能。」とあるではないか。

2009年3月1日日曜日

さらに強く、電磁波まで

 最近になって、いっそう振動が強くなってきた。

 そして電磁波も測定。  

 これはある日の夜間の2分余りの記録である。バックに車の走行音、                        それに15秒後に、こちらを監視している南側の家からのノイズキャンペーンと
われるバンとなる威嚇音以外は耳に聞こえない音である。

 機械音が40秒あたりから、いかにもマシンが立ち上がるような                      やかましい音にかわる。

こうなると、家の南側にかなり強く電磁波の電場が測定できる。                       金属物はもちろん柱や壁まで。

南側にということは、電磁波は指向性があるので南側の家からの                      攻撃ということになるのだろう。

 そして下は1分間のでさらに強力になって電場の針も大きくふれる。

低周波から高周波まで

最近はほぼ24時間この出力アップの状態である。


 このやかましい機械音は耳には聞こえないので、一日中、特に深夜など

こんなことをされているなんて普通はわからないはずである。

 でも確実にマイクには入るのでこの手の専門の方に追求してもらいたい。


video




video

2009年1月3日土曜日

自衛隊機















  去年から、ヘリコプターにもさんざんうるさい目にあわされている。家はもちろん、             通勤時や会社上空にもやってくる。

  上の写真は10月29日出勤途中、コンビニに寄ったところ、いきなり救難へりUH60Jが現れた。    3度も姿を現した。救難ヘリなのに脅されているようだった。    

 下は何度も家の上空や通勤時にやってくる黒っぽいUH1タイプのヘリ。                   この日は12月6日 だったか、通勤時から会社上空に。

  そして、C1輸送機の低空でのロールアウトだ。出勤時、会社手前の幹線道路沿い走っていたらC1が右手を低空でかすめて行った。なかなか航空ショーでも見れないことだ。              多くのドライバーが見ているはずだ。 会社を中心にぐるっと低空の旋回をして行った。

  

2009年1月1日木曜日

セスナの集団ストーカー

  タイトルバックのセスナは、以前買い物に出る前に、家の上空に来たのを撮ったものである。
そして約1時間後にあるスーパーの駐車場に来た時にも上を通過して行った。

  頻繁に一日に多いときは何回となく家の上空を通過するので、埼玉なので飛行場の見当はつくが、航空局に問い合わせても、そのつど、わからないという返事である。

 そして先月の12月30日の午前中から午後にかけて3時間くらい、家の上空で行ったり来たりを繰り返している。今回は機体番号がわからないようにか、かなり高い高度を飛んでいる。

  あとで写真を見たら塗装の違う機体を3機確認できた。
  集団だったとは。